「いちご泥棒」ウィリアム・モリス

5月 7th, 2011

IMG_5152ウィリアム・モリスの不朽の名作である「いちご泥棒」。
数あるモリスのデザインの中でも、人気の高いデザインではないでしょうか。

その「いちご泥棒」、今までは事情により取扱いをしていませんでしたが、
モリス商会150周年記念として、アーカイブコレクション発表の中に採用され、
当店でも発売を開始することができました。

モリスが別荘として借りたケムスコットマナー(英・コッツウォルズにあるファームハウス)で、菜園中のいちごを、くいしんぼうの鳥たちに食べられてしまう光景にヒントを得て、デザインされたこの「いちご泥棒」。
繊細さと調和のとれた描き方、豊かで念入りなパターン、いまでも新鮮に映り、魅了します。

染色技法を自ら研究したモリス、
一番こだわったインディコの青の抜き染めに、鮮やかに各色を重ねていって(ハンドプリント)完成させた、当時モリス商会で最も高価な木綿プリントだった。

そして、オリジナルのハンドプリントの雰囲気を残しつつ、良質なコットンファブリックで再生産されています。
The Archive Collections
色は、インディコの青と、他に4色のカラー展開。
色褪せたブルー(写真)も、ヴィンテージ感がでていて、好きです。



P6050338P6050326

建物と草木とが美しいハーモニーを奏でる、ケムスコットマナー。
モリスにとって心のよりどころで、可能な限り訪れては釣りや庭園、周囲の田園風景を満喫したところであったようだ。
当店のHP
http://silk-m.com

下記のランキングに参加しています
バナーをクリック 応援して頂けると嬉しいです
更新の励みになりますお願いします

にほんブログ村 インテリアブログ

Leave a Reply